中学生は各学年、第1回目の定期テストがもうすぐ始まる。

1年生は初めての定期テストである。失敗するにせよ成功するにせよ、まあ、まずは体験してほしい。

体験せねばどんな勉強法が良いのかなぞ、わかるはずがないのである。

1

ただし公立高校を受験するならこの最初の試験成績から評定が絡んでくるので、できれば失敗しない方がいい。もちろん塾では最初から失敗しないやり方を教えています。

 

私は中学生の野球選手をもう25年ほど見てきたが、意識の低い選手ほど定期テスト1週間前から、いや、1週間前だけ、という感じの勉強であった。普段は勉強なんかしなくていいと思ってさえいるようだった。

定期テストである程度の点数さえ取れたらいいのなら話は簡単なのである。教科書やワークや貰ったプリントを丸暗記したらいい。1週間あるのだから気合入れて覚えれば、どんなアホでもまあ1教科30点は取れる。それで良ければそうすればいい。

1
それでも提出物さえちゃんと出して授業態度が悪くなければ、通知表(評定)に「1」が付くことは、まあない。

 

簡単に言えば「大会前1週間だけ練習する」ようなものである。それで一応試合はできる。

しかし当然ながら実力はつかない。つくはずはない。

 

そもそも勉強って何のためにするのか。大人になって社会貢献する際に、学生時代に培った知識が使えないと社会貢献なぞできるワケがない。つまりは将来社会貢献せんがために勉強はするものなのである。それを自己実現、と表現してもいい。将来やりたい社会貢献の形は如何に?という事である。

それなのに、勉強するのは1週間前からだけ。しかも人生の基礎修業となる中学生の時に、である。

そしてそれを容認している保護者。何のための義務教育なのか。なんで税金で学校へタダでいけるのか。

download

 そういえば指導者でも、「勉強なんてテキトーにやっとけばいい」と言った人もいた。

こういう人はもはや指導者でさえない。その子が将来どうなろうが知ったこっちゃない。野球やらせて自分がエラそうにできる環境があればそれでいい人なのである。

そもそも野球を人間形成の場とか言うのに、勉強はテキトーでいいって?
思いっきりの矛盾なのである。

将来のためにやるべきことは積極的にやる。そういう意識のある子は野球でも何でもうまく可能性は高くなる。

3230759_m

 この一徳塾を設立したての頃、さるチームから「試験前の12週間だけ勉強させてくれへんか」と言われた事がある。もちろん丁重にお断りした。そんな指導をしたいために塾を作ったわけではない。

そのチームの戦績、推して知るべし。結果は正直である。

大会前だけ練習するような指導をするチーム、あなたは大事な我が子を所属させたいですか?

水原さん