先日、さる高名な塾長先生とお話ししていて、へぇ~なるほどねぇ…という話を聞いた。

「やったらアカン勉強法ベスト3」しかし、そのどれもやってるぢゃない、というもの。よくよく考えると、そらアカンわなぁというものばかりだった。

せっかくなので、皆さんにご披露しよう。

 

やったらアカン勉強法やけど、やってしまってる3「友達と問題の出し合い」

これ、やってるよねぇ。というかそれを推奨してるブログまであるぞ。なのに何でアカンの?

テスト当日のちょっとした休憩時間や、普段勉強しない場面でのプラスアルファの時。これらの時はむしろこういうのやると、「エピソード記憶」みたいで普段とは違う脳の刺激が与えられる。こういう時はぜひドンドンおススメしたいものだ。

でも、テスト週間中とかに友達と一緒に勉強をして問題の出し合い。学校の授業がテスト勉強になった時などにこういうのをやるのは、最悪である。

その辺にいた4,5人集めて、社会の一問一答クイズの始まりです。

問題を出す度に「あれー?なんだっけ」「うそー!」「あ、できた!」と一喜一憂する生徒。

そして「あ、ちょっと待って!もう少しで思い出せそう!」と言ってタイムをかける生徒。

5人集まるだけで、11問のペースがムチャクチャ遅くなってしまう。自分一人で勉強するなら、皆でやる1問の時間に3問〜5問は解けるだろうな。皆でやると楽しさはあるけど、効率はメチャクチャ悪くなってしまうのである。何をしてる事やら。

自分で黙々と勉強をした方が断然効率がいい。

 

images

やったらアカン勉強法やけど、やってしまってる2位「教科書で調べながらワークをやる」

社会や理科が多いかもね、こういう場面。

教科書で調べながらやると、ああこれこれ、なんてとってもわかった気、やった気になる。でもちょっと待て。それって教科書の文言を写してるだけぢゃあないのか?そう、つまりは「作業」なのである。こうやってやったものをワーク1回目と数えてはいけません。2回目やってみれば自力で全然出来ないことを実感するはずだもん。いわゆる「わかったつもり」。

であれば、先にテキストや教材を読み、内容を理解して覚え、それから取り組むのだ。
覚える作業と解く作業は絶対に分けるべきなのである。力をつけたければ、ね。

一休さん

 

やったらアカン勉強法やけど、やってしまってる1位「やる気が出たら勉強をする」

言い換えれば「やる気が出るまで勉強をしない」、かな。あの悪名高き、先日このブログにも書いた「やる気スイッチ」のせいじゃなかろうかと思うくらい、やる気信仰は強いねぇ。

1
やる気なんて所詮は気まぐれ。メシ食うように、歯磨きするように、勉強を日常の当たり前の生活習慣にしてしまうことが肝要なのである。ランニングや素振りも一緒だ。
download

 

という指導を当塾では、もっともっと実戦的かつ具体的にやっている。

ま、釣った魚を与えるのではなく魚の釣り方を教えるという、至極もっともな事ですけどね。

3230759_m