高校の頃、バッテリーサインに乱数表を使ってたことがあった。

数字を羅列した表を作っておき、投手のグラブと捕手のミットにそれぞれ貼っておく。それだけではなくハンドサインで出した数字から表にある数字をかけ算したりたし算ひき算して球種を決める、という、とてもややこしい事をしていた。もちろん解読などされたことなかった。

我が1年上のドラフト2位投手は頭が良かったので何の問題もなかったが、同級生投手は脳ミソの不自由な方だったので何度もサイン違いして、私がよくパスボールをしたものである。
怒られるのは全て捕手。知らん顔するなよな!

1

なんでこういう事を書いたか、というと、英語の長文問題を全部日本語に訳してから問題を考える、という恐ろしいやり方で英語を乗り切ろう、などという不届き者がいるからなのである。

そもそも、英語を全部日本語に訳して…なんて、もはやそれは英語の勉強ではなく、「暗号の解読」やないの。乱数表解読どころではないぞ。

2

先日の「英語はまず日本語から」の話で、ご指摘を頂いた。まず英語を日本語に直してから考え、それをまた英語に直して、なんてやっていると英語会話など成立する訳がない、だから英語は英語で理解すべし、と。

全くその通りでしてね。

 

当塾では速読聴英語をやっているため、その受講生は英語を英語で理解するのが当然なのだが、受講してない生徒はやはりそれが難しいのである。

親御さんで、ご自身が英語をすべて日本語に訳して、そこから長文問題を解くというやり方をされてたのを、そのまま子供にやらせていたという生徒がいた。

「そんな事をしてたら、高校入試の長文問題なぞ解く時間ないぜ。たった今からそのやり方やめて、日本語で読むように読んだら即、頭にその情景が浮かぶように読む訓練しよう」

すごく不思議そうな顔をしていたが、実際に問題やってみるとやはり太刀打ちできない。しぶしぶ「はぁ、わかりました…」と。

download

だが、実際英語読んでも日本語にしないと全く何が書いてあるのか分からない。分からないから問題が解けないので、ずーっと今までそのやり方を続けていた。あれだけ口酸っぱく言っても、である。
入試は来月。さあどうなる?大事な模試や過去問やってて、限られた時間が来ても3割もできないのである。できるはずがない。

(けど、彼は合格するのである。よほどのことがない限り。)

 

 何事も、パッとやってすぐできるなら、誰も苦労しない。それを時間をかけてもできるようになるのが「訓練・トレーニング」なのである。なぜそんな事がわからない…。

images

目先の事しか見えぬとこういう事になるという典型である。