文部科学省が英語教育にかなり躍起になっている。

download

大学入試改革での外部英語試験導入の話は、色々ケチがついたようだが、小中学校の英語改革はもうスタートしてしまった。覚える単語数だけでも、中学で1800から2600に激増した。

 そりゃそうだ。お隣韓国は英語を操れる人は9割にのぼるそうである。かたや日本国は…かなしい。

国際競争で勝てなくなるのである。某国が日本人の底力を恐れ戦後ドンドン日本人はアホにされていったのではないか、なんていう説もある。しらんけど。

 

で、英語教育。

言語教育は早い方がいい。我々が親世代の頃、よく言われた話である。

今でもよく言われてるのだが、本当の所はどうだろうと、英語教育の大家であちこちで講演もなさっている、八尾の超有名な英語界の重鎮に話を聞きに行った。

その大家は、「英語?なに言ってんのよ。まずは日本語でしょ。母国語の日本語しっかりやらないと、英語なんてわかる訳ないじゃないの!」

叱られてしまった…。

その英語スクールでは、まず日本語の速読解トレーニングをやるのだそうだ。で、日本語がシッカリし出して(小学校3・4年くらい)、並行して英語をやるという。

「へぇ~、そんなもんですか」

当り前ぢゃない!言葉の感覚なんていつも使う言葉でつけないと無理でしょ。そりゃあなたの周りがすべて英語ペラペラの世界なら別よ。そうなの?」

「いや、そんな事は…ないっすね」

「でしょ。日本語わからないで何が英語よ。まずは国語でしょ!英語単独で勉強するなんて国語がハッキリわかってからよ」

目からウロコ。確かにそりゃそうだわ。

download
英語教育は早い方がいいので小学校へ行く前から英語を…、なんていう人、

チコちゃんならぬこのヘレン先生に叱られますよ!

images

 メジャーへ行った際、契約書類はすべて英語である。インタビューもだ。今から準備しとけよ!
なに?通訳雇うからいいって?
人任せの交渉を君はするわけなんだね?脳ミソまで平和やなぁ…。

download