学校の通知表。みなさん貰いましたよね。三者懇談で先生から講評も聞いて。

かあちゃん
学校の通知表って、今年から評価項目が変わった。

①知識・技能

②思考・判断・表現

③主体的に学習に取り組む態度

これら3つの観点で各教科を評価、成績がついている。

 

決してテストの点数だけではないのである。もちろん提出物だけでもない。

特に③は、点数ではなく日頃の取組姿勢、ひいては先生のその生徒に対する人物評価がそのまま出ている。

download

そう。通知表って点数評価だけではない。人物そのものの評価、と言っていいのである。

こわいですねぇ。

A ②A ③C なんていう生徒がいたら、その子に対する先生の評価が相当悪いと思っていい。

逆に③だけAというのは、勉強はできないけどいいヤツだと、相当評価がいいのである。

 

塾内での取組姿勢を見ていると、まあ学校の先生の評価と全く違う、というのは皆無と言っていい。

「ああ、やっぱりなあ…」なのである。

download

野球に対する取組姿勢もまた同様なのではないだろうか。

野球だけは自分から前向きに一生懸命やるが、学業は全くそうではない、

もしそんな感じなら、早めに気づかせてあげるべきである。いつか必ず野球でもボロが出る。

野球以上に時間を使ってる学業に興味がないなどとは、笑止千万。

もちろん力の入れ方、というのの配分的なものはあるだろう。でも学業は疎かにできるようなものではない。という事は、力を入れるべきものに入れない、エエ加減にしてしまう、そういう人間性、という事になる。

 

1

そりゃあ中学ではワケが分かってなかった、というヤツはいる。

人生のどこかで気がつく。遅きに失した、という事にならぬようにしてほしい。

 

どんな世界でも、人生の中で全く学業をしっかりやってないヤツが、社会で活躍できるワケがないのである。

 

では、よいお年をお迎えください。