世の中で「多様性」と言われてもう久しくなってしまった。

流行りのSDG`sでもあるように、もう多様性を容認するのは当然な時代である。

 

国籍や肌の色などの多様性なんて、我々の若い頃でも当然であったが、ジェンダーフリーなんて今の私にはもうビックリ。

「どっちでもない」なんて言うのがあり得るのや…と。

野球は男女分かれているのだが、じゃあどっちでもないのがフレンドに入会して来たら、どうするんやろ???

なんてちょっと心配になってくるのである。やりにくいやろなぁ…。

download

 しかし、先日参加した某高校説明会で、そこの校長は言いました。

「多様性が議論される時代は終わりました。これからは『確実なる探求』の時代であります!」


これはショックだった。

もう多様性なんて、朝起きたら顔を洗うくらい当然なことで、

これからはその多様化した其々を深く掘り下げる、そういう時代なんですと。

 

考えたらそうである。いくら多様化しても表面だけ、ジャンルだけで中身がない、なんて、

クリープを入れないコーヒー、餡のない桃林堂のもなか である。

download

これなら多様化をいくら認めてもあまり意味がない。

 

探求型。多様化した其々のジャンルの中で、自ら考え、何とかする力
⇒自分を知る事で自分を信じられるようになる。

一休さん

自分らしく生きる力。

それをシッカリ追求していかねば、従来の感覚や常識しか持ち合わせぬと、今後の複雑怪奇な社会は、生きていけぬ事になるような気がする。
ボーっと生きてんじゃねえよ!ってのは当たり前なのである。

download

 

偏差値や甲子園より、あなた自身の世界を創れ!  

それには保護者は、子供を「信じて任せ、自立させる」ことである。

キャプテン谷口2